自家焙煎珈琲豆 安曇野 カフェ書翰集 since Jun.2006
ホーム | 珈琲豆 > 深煎りマンデリン・スマトラタイガー
商品詳細

マンデリン・スマトラタイガー[インドネシア]

販売価格: 650円 (税込)
[在庫なし]
原産国インドネシア共和国コク★★★★★
生産者スマトラ島北部小規模農家香り★★★★★
標高1200m〜苦味★★★★★
品種ジュンベル他の在来種酸味 
入港時期常に一年以内の生豆です甘味★★★★★
備考北部リントン地区焙煎具合フレンチ

現在使用しているものは2015年11月入荷した原料ですが、2015年はインドネシア、パプア・ニューギニアが天候不良のため不作の年でした。このため原料の品質が大幅に低下しています。特に含水率のバラツキが酷く焦げた豆の混入を避けるため従来の煎りより僅かに軽くしています。
スマトラ島北部リントン地区の小規模農家によって栽培されています。完熟した身だけを収穫するため日をずらして何回も同じ木に向かい収穫します。その後、完熟豆は水洗後薄皮をつけた状態で天日で乾燥されます。品種はジュンベリ他ですが、ジュンベリ種はスマトラ在来種でティピカ種とリベリカ種亜種との交配(おそらく自然交配)によって誕生したようです。リベリカ種はアラビカ種・ロブスタ種とともにコーヒー豆を三つに大別したうちの一種ですが、現在ではほとんど栽培されていません。収量が少なく、またサビ病というコーヒーの木にとって致命的な病気に弱いため栽培品種として敬遠されてきたためです。しかし、リベリカ種は他の多くの品種と交配し亜種を派生しやすいため、起源にリベリカ種を持ちながらアラビカ種やロブスタ種のなかに分類される品種、あるいは特定困難な在来種として受け継がれているようです。
このスマトラタイガーは大粒の立派な豆です。甘み・苦味が良質である上、マンデリンの中でも特異なフルーティーな香り、バニラのような香りを持っています。この香りはやや独特で好みが分かれるところかもしれません。